Kako's Reading Journal

~出会えてよかった数々の本~読書は人生の道しるべ~

【保健室登校】 教室に入りたくない理由~もしかしてHSC?

こんにちは。Kakoです

長女が
「教室には入れない」
でも
「学校には行きたい」
といったのは夏休み明けの登校日


登校日から二日目の夜
泣きながら理由を話してくれました
(↑問い詰めていません↑)

聞き続けると大まかな理由が
分かってきました

行きたくない理由

①先生がお友達を怒っている姿を
見て嫌な気持ちになった

②去年のクラスみたいに自分の気持ちを
代弁してくれるような友達がいない

③去年まで仲良くしていた友達が
1人もいない

④困っていてもなんとなくみんなが
声を掛け合わない

などなど

わたしの友達に相談したところ
長女がHSCかもと教えてくれました

HSC
初めて聞く言葉でした

HSCって?

HSCHighly Sensitive Childの略で
人一倍敏感な子どものことです
決して障害や病気ではありません

まったく知らない言葉でしたので
関連図書を読みまくりました

長女の話してくれた
「教室に入れなくなった」理由が
HSCであるがゆえに
起きてしまったのかもしれないと
思えてきました

『HSC子育てあるある うちのこはひといちばい敏感な子!』

特性を知れば
きっとできることは
たくさんあるはずです!

※HSCは障害や病気ではないため
診断を受けることはできません

あくまでもそうかも?
という程度で書籍を参考にしたり
専門家にアドバイスを受けて
対応することになります

学校なんて行かなくていい

9月1日は子どもの自殺が
増える日というニュースを
聞いたばかりの

夏休み明け

まさか自分の子どもが
教室の前で
石のように固まり
頑として
動かない

そんなことになるなんて
思いもよらず

だけど

学校なんて行かなくていいって

行く必要ないって
子どもに何度も何度も
言い続けました

今はなんとか学校に行けるように
なりました

不登校傾向の理由は
ひとそれぞれ

そこでどんな対応をするかも
ひとそれぞれ

悩んでいる皆さんが
ぜひ苦しいけれど
子どもが苦しくなくなる道を
模索してください

親のブライドや体裁なんて
いらなんです

書籍リスト

不登校傾向(保健室登校)を
していたときに
読んだ本を紹介したブログを
リスト化しておきます

とても苦しかった

  1.  いってきます

    yamajikako.hatenablog.com

  2.  娘が学校に行きません

    yamajikako.hatenablog.com

  3. HSP/HSCのトリセツ

    yamajikako.hatenablog.com

  4.  ひといちばい敏感な子

    yamajikako.hatenablog.com

  5. 何がほかの子と違う?HSCの育て方

    yamajikako.hatenablog.com

  6. 明るい不登校

    yamajikako.hatenablog.com

  7.  生きる力 

    yamajikako.hatenablog.com 

  8. どうして学校に行くのですか?

    yamajikako.hatenablog.com 

  9.  非常識な教え

    yamajikako.hatenablog.com 

  10. 死ぬんじゃねーぞ!

    yamajikako.hatenablog.com

不登校傾向になって

近年
発達障害についての
支援が定着してきました

娘が
不登校傾向になって
不登校不登校傾向の支援が
微妙であることを
感じました

基本
担任任せ

わたしの娘の場合は
学年対応でした

しかし
親が相談する場所を
学校が紹介してくれたり
学校の中に
担任や学年以外の
相談場所がありませんでした

不登校不登校傾向用の別室も
ないため
基本保健室で過ごすことに
なりました

スクールショーシャルワーカーの
配置や教室の整備

改善して欲しいことが
たくさんあります


最後までお読みいただき

ありがとうございました
お役に立てれば光栄です

Kakoでした


#保健室登校 #HSC #明橋大二 #保健室登校理由
#うちの子はひといちばい敏感な子 #何かほかの子と違う?
#感受性が豊か
#不登校 
--------------------------------------------------------
ブログランキング・にほんブログ村へ