Kako's Reading Journal

~出会えてよかった数々の本~読書は人生の道しるべ~

【読書感想文課題図書:2021年】中学年編:大人にもオススメの本はこちら

こんにちは。Kakoです

夏休みが始まりました

宿題の多いこと、多いこと

作文指導してないのに
なんで出すんだ!って
毎年思っているのは
私だけでしょうか

中学年の課題図書

作文はなかなか
子ども一人でできないので
親の宿題な気がします

ぶつぶつ言っても
仕方がないので
どうせやるなら

親の私がが読んでも
楽しめる本を
毎年探しています

そううまくはうまくは
いかないけれど!

中学年は4冊

  1. 『わたしたちのカメムシずかん:やっかいものが宝ものになった話』

  2. 『ゆりの木荘の子どもたち』

  3. 『ぼくのあいぼうはカモノハシ』

  4. 『カラスのいいぶん:人と生きることをえらんだ鳥』

一体どれを選べばいいものか
悩むところです

イラストがね、、、

子どもが本を選ぶとき
何を基準としているか
娘たちに聞いたところ

おもしろそう
基準だそうです

で?

どこでおもしろそうかろ
判断するかというと

イラストだそうです

次が
タイトル

ふたりの娘が選んだのはこの
ぼくのあいぼうはカモノハシ
でした

ふむふむですね

さてどれにしようか

さて、迷いましたが
大人の私が一番面白かったのは
『カラスのいいぶん:人と生きることをえらんだ鳥』


カラスってちょっと苦手で
しかも食材を持っていかれた
苦い過去があり
あまり読む気がしなかった
本です

yamajikako.hatenablog.com

 
ところが
読み終えてから
カラスが身近に感じられ
カラスが気になって

読む前と読む後では
全然見方が変わりました

本を読むことって

思い込みから
脱して
新しい見方ができる
チャンスになる

こういうことができるのが
読書なんだって
思えた一冊でした

こんな感覚を
子どもにも味わって
ほしいです

他学年の読書感想文課題図書

低学年はこちら

yamajikako.hatenablog.com

 
最後までお読みいただき
ありがとうございました
お役に立てれば光栄です!

yamajikako.hatenablog.com


Kakoでした。


--------------------------------------------------------
ブログランキング・にほんブログ村へ